スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
光が差しますように。
2013 / 07 / 01 ( Mon )
最後まで良い仔さんだったどんちゃんと正反対に
図に乗ってしまったのは私。

命を保護するという事は引き出した後何があっても
保護主として最後まで全責任を負うという事。
「助けたい」という気持ちと実際に「助ける」という事の大きな違い。
全責任を背負って引き出す苦悩と決断の大きさを考えると
自分の甘さを考えさせられ。。。
成長しなければいけないのは自分自身だった。

そんな事が頭を埋め尽くす中
ブログ放置中に会いに行ってきたのはRed-stringさん保護された2頭のシーズーの内の小雨ちゃん。
kosame5.jpg
デジカメ持っていってたのに写真を撮るのを忘れた大馬鹿者。
(お写真赤い糸通信より)
小さくて、小顔でベビーフェイスで
よく動き、よく食べ、よく喋るとっても可愛い小雨ちゃん。
なのに無情にも小雨ちゃんの体には大きな病魔が潜んでいます。
そんな事を微塵も感じさせずにはっちゃけの小雨ちゃんと
明るい日々をと受け止めておられるクズル母さんに
パワーと芯の強さを貰い何にもできないおばちゃんは帰路に尽きました。
何にもできないけど一言、
処分に持ち込んだ馬鹿飼い主、最後まで看取れないなら命を迎えるな!

そして小雨ちゃんと同日保護されたさっちゃん。
sachan2.jpg
(画像赤い糸通信より)
心配な症状やそこそこ若いのか高齢なのか年齢不詳で持ち込まれ
てるさんが必死のぱっちでお預かりされています。
さっちゃんにもそのキャラから(てるさんのキャラでもあり?)
明るさを貰うばかりでエールを送る事しかできない中、一言
処分に持ち込んだ馬鹿飼い主、最後まで飼えないなら命を迎えるな!
小雨ちゃんもさっちゃんもRedさんがド根性で引出をされた尊い命です。

bana000-2.gif
ご縁はあるはず!さっちゃんへのお問い合わせはコチラまで→Red-string

そして呆れるほど多い自ら処分に持ち込んだ馬鹿飼い主の犠牲にもなり
そこから他の面でも犠牲を受け、立て続けに大変な保護をされたRedさんの新入生の2頭。
詳細はコチラから→「赤い糸通信」

その中の光君がゆゆママさんに綺麗にトリミングして貰って仮宿にやってこられました。
CIMG0967.jpg
持ち込み時は片目の古傷だけだったのに失わなくていい問題の無かった片目を負傷して。。。
炎症が治まってからの眼球温存手術も見据え
「光を取り戻せるわずかな可能性を信じて」と光@ひかる と名付けて貰い
土曜日からお預かりし、その様子を記して行こうと思っていました。
CIMG0974.jpg
痛みからか2才という若さなのに寝ている事が多かったけど
食欲もあり、立派な大小をされ
目の届く時にフリーにすると人を探して手を舐めたり、
ソファーに飛び乗って寝ていたり、
室内で居場所を見つけて可愛いお顔で見つめてくれていた光君。
CIMG0969.jpg

が、本日夜7時前に帰宅すると仕事に行く前の正午にはまだマシだった眼の容態が急変していて
出血に酷い腫れにびっくり。
すぐさま病院に走り、
詳しくはまた記せるといいのですが、
目をそむけたくなるような状態の処置を鎮静で耐え
お世話になっている先生のご厚意で止まらない出血と処置後の様子を考慮して
急遽入院をして様子を見て頂ける事となりました。
処置で見た物凄い血に膿、眼球奥の炎症と化膿は
日々の投薬や眼薬でおっつかないほど酷いものになっていました。
どれほど深い傷を負ったか、どれほど痛い思いをしたか。
視力は諦めてもご縁は諦めない。
Redさんの気持ちと光君の頑張りを心に
水曜日にお迎え予定です。

ひかるの光は視力で光が差すのではなかったのかもしれないけど
まだまだこれからの犬生に幸せで眩しいほどの光がさすようにという思いです!

bana000-2.gif
これまた呆れる大けがをさせられたチャチャ君、
頑張っている光君のお問い合わせはコチラまで→Red-string

スポンサーサイト
12 : 32 : 00 | 光@ひかる | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
<<お帰り~。 | ホーム | とっくにチェックアウト。>>
コメント
--お疲れ様です--

しみじみ、ブログ読ませて貰いました
私も、同じだなぁってね。。。
助けたいと思う事と助けられると言う事は、
違うんだよね。。。
でもさ~、何かしたいって思う事が、
大切なんじゃないかなぁって思っています
出来る事をその時、その時に
すればいいんじゃないのかな
光君、かなり深刻な状態みたいだね
ハナママも、さぞかしビックリしたと思う
病院が近くで、本当に良かったね
先生にも感謝だよね、
あまり、気負いしないでね
by: ぺきまま * 2013/07/02 00:12 * URL [ 編集 ] | page top
--命と絆--

 ガル~が なりをひそめ、
明るく可愛く甘えられるようになった
どんちゃんの記事で ほのぼのさせて
頂いた後の

ヘビーな犬生を強いられて
しまった小さな命のレスキューのラッシュ。。。

レッドさんのお陰で命の期限が
決められてしまった環境から救われたのに
過酷な闘いと向き合わなければならない仔達。。。

あなたで無ければ。。
て言う、あなた達の命の重みを
なんの心配もいらないよ。。としっかりと
受け止め迎えて
日々の積み重ねで太い絆で
心をつなげて下さる
本当のご家族との出会い
を祈らずに居られません

あぁ。。。目が離せませんが

ハナママさんの今日の記事
の冒頭の言葉。。。

ハナママさんは今まででも
真剣でした。
まっすぐでした。
今でも一緒ですね。

でも、(見てるだけの私が言うのも
申しわけないんですが)
全部一人で頑張り過ぎないで
ください。

ハナママさんは太い絆で
繋がっている素晴らしい
仲間がいらっしゃるんですから!

by: ちょろママ * 2013/07/02 00:59 * URL [ 編集 ] | page top
----

ぺぎままさん、
できる時にできる事を。
大切なことですね!
できない事は(心配だけ掛ける事は)
しちゃいかんなぁ~と
今後に生かします!
ホント、病院が近くてよかったとしみじみ。
診察時間に間に合わなかったらパニクッてる状態でした。。。
光君今日無事退院して痛みがだいぶ引いてるようなので
後は炎症が治まるのを待つのみです^^V


ちょろママさん、
どんちゃん良い仔さんでしたよ~^^

本当にRedさんの今回の引出ラッシュ、
しかも引き出して終わりでない仔たちの境遇に
一頭一頭色々な事を感じさせられました。
何でこんなに高齢になったり
末期の状態になって処分に持ち込まれるのか、
何で酷い怪我や負傷をしなければならなかったのか。
その全てを背負って幸せにしようと奮闘される姿に
私も応援くらいしかできませんが
スタッフさんたちに支えられ
今は光君のお目眼が落ち着くように
ケアに励もうと思っています。
図に乗りすぎず、頑張りすぎず
(無理がきて迷惑かけては本末転倒なので^^;)
目の前の事だけみてぼちぼちやっていきます!
by: お返事@ハナママ * 2013/07/03 11:23 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kariyadonniltuki.blog.fc2.com/tb.php/59-a36afe6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。