暫しのお別れ②
2013 / 01 / 10 ( Thu )
一昨日のことを忘れたり、
さっきまで持っていた物をどこへやったかも忘れ
自分の脳内年齢を知りたくない今日この頃。

そんな中しっかりと覚えている預かり時代の事、
ペコちゃんと一緒に仮宿に滞在してくれてたのは仮名咲ちゃん@現クランちゃん。
CIMG1358.jpg
クランちゃんも小さな小さな美人さんで
お散歩はいつも抱っこが定位置だったけど
CIMG1292.jpg
チョロチョロマイペースに探索したり
気が付けば温かいベットにちょこんといるような全く手のかからない仔でした。
CIMG1213.jpg
そんなクランちゃんは預かって一週間ちょっとの譲渡会で遠方から来て下さったご家族に見染めてもらい
早々に仮宿を巣立っていったシンデレラガール。

譲渡会には行っていなかったのですが、仮宿日記がご縁で里親様からご連絡を頂くようになり
良く食べるのにスレンダーな美人さんのままで
お散歩は相変わらずだけど広いお庭を探索したり
いつも温かい場所が定位置でのんびりすごしている様子を教えて頂きました。

そして新幹線に乗って仮宿にも一度お顔を見せに里帰りしてくれました。
CIMG8412.jpg
新幹線でもキャリーの中でいい仔さんで、フリフリの可愛いお洋服で登場~

体格差のあるハナ&タロウがいてもマイペースにちょこちょこ歩き
ベットを見つけて自分からベストポジションをゲットするクラン嬢(笑)
CIMG8390.jpg
(同じSOSヨーキーから迎えられたベルちゃんも同行してくれました♪)

そんなクランちゃんが眼に良くない腫瘤ができ入院していたけれど
難しい状態で自宅へ戻りケアを受けているとご連絡を頂いたのが昨年の年の暮れ。

眼から出る膿との闘病の中、飲めなくなり食べれなくなり
通院やできるケアをして頂いてたのですが
年を明け、1月3日に静かに息を引き取ったとママさんよりご連絡を頂きました。

一番寂しくて悲しいのは一緒に過ごしていたご家族の中、
体調のことでご心配やお気も遣わせてしまいましたが(情けない)
仮母としては幸せな日々を送らせて貰った嬉しさと同じくらい
歳を重ねても、病気になっても最期まで手厚いケアと愛情の中
看取って貰えた幸せに感謝しかありません。

そして同じ仮宿にいたふたりが3週間と違わずそれぞれ家族の手厚いケアの中で
安らかに息を引き取ったことにも感慨深いものがあります。
これも何かのご縁かな?
CIMG1395.jpg
(両手で軽々~コンビでした)
天国で再開したらふたり共幸せだった家族の自慢話で尽きないかな?
先に召されたSOSヨーキーちゃんたちと出会っているかな?
そんなことを思いながら安らかな眠りを、冥福を心より祈りました。

お別れは寂しいけど
ペコちゃんもクランちゃんもよく頑張ったよね。
悲惨な日々を忘れるくらい幸せだったよね。
また逢う日まで!


スポンサーサイト
21 : 12 : 51 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<近況報告。 | ホーム | 暫しのお別れ①>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kariyadonniltuki.blog.fc2.com/tb.php/5-13b44e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |