検査結果②
2015 / 05 / 27 ( Wed )
本日職場で健康診断の日程表がおりてきました。
もうそんな時期かぁ・・・。
思えば昨年は健康診断で腎臓数値でD判定が出て
要再検査と分かっていても行かなきゃって気持ちだけで日にちが過ぎ
再検査に行くまでに数ヶ月。
そこから検査結果を聞きに行ったのがさらに数ヵ月後(汗)
結果は問題なかったので由なのですが
歯医者さんからは催促はくるし
自分の事となると切羽詰まるまでいかない不精者です^^;

さてさて、検査結果の最後はハナ&タロウの心臓です。

僧帽弁閉鎖不全症はキャバリアの宿命とも言われているほどなので
飼い主としてはふたりの年齢から重篤にならずに
長年お付き合いできているだけで幸運なのだと思っています。

それでも毎回気になるのは進行具合。
で、結果は今回の検査を受けてお薬は1種類増えました。

発症から投薬期間は
ハナ3年目、タロウ7年目で、状態もタロウが一歩リードしていると思っていましたが
今回の検査で心臓の肥大具合は素人目にはちょっとハナがマシなレベル程度で同じに見えました。
タロウの進行具合が緩やかってこともあるんですが
今回ふたり共一緒だったのは心臓の肥大で気道を押し上げて
気道が緩やかな「く」の字になっているのが見られたこと。
これは昨年10月の検査でもなく、初めてのことでした。

気道への影響がでているのはショックだったけど
それでも肥大の状態や進行具合は
マシというか、悪くはないそうで。
犬種もですが歳も歳だしね。
そして日常生活何にも苦しそうな事も顕著な症状もなく普通に過ごせています。
(たま~に空咳が出てますが)

このまま急激に進行することなく
いい塩梅でお付き合いしながらいければと願っていますが
びっくらいこいたのが
今回は絶対的必要でもなく、今後進行が進んだ際の話ですが
お薬が増える(変わる)と共に金額も3倍になるそうで。
3倍×2頭を考えると月々のお薬代だけで1ルーム借りれちゃう!?
CIMG2794.jpg
えぇえぇ、君たちの存在はプライスレスですよ。
ただ先のある長い投薬生活を考えてびっくらこいてみただけですとも(遠い目)

心配せんでも半年後の検査結果いかんではびっくらこくことなく、迷う事なく
「お願いします!」って言う気構えでおりますとも。
CIMG2789.jpg

今すぐのことのない まぁまぁの検査結果に一安心しつつも
抱えているものもあり、高齢の域に達する年齢なので
いつ何時何かがあるかも・・急変するかも・・・
そんな気構えもしているつもりなんですが
できれば進行は緩やかに
ずっと傍にいてちょーだいねっと
願った検査時期なのでした。






スポンサーサイト
21 : 54 : 27 | トリオネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<初物。 | ホーム | 検査結果①>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kariyadonniltuki.blog.fc2.com/tb.php/219-0eca4623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |