かっ君滞在記④
2013 / 02 / 13 ( Wed )
やっちゃいました。

かっ君の体調面に何かがあってドタバタしていたという訳ではなく
ぐーたらかぅ君とまったりしていたら更新を忘れました(汗)

CIMG0563.jpg

Redさんにも何かあったり心配事があればご相談の連絡します!
とお伝えぢているのですがあまりに絶好調で
「体調良すぎるのが唯一の心配です」
位しか連絡事項が思い当たらないほど、不安を感じさせる様子がありません。
(お水をよく飲んだり、鼻くしゅんくしゅんは想定内なので不安要素に入れず)

CIMG0588.jpg

唯一ドキドキハラハラさせられたと言えば
昨日の散歩で猫ちゃんを発見してダッシュはするわ走り回るわ
制止してもゼイゼイと必死に探そうとするわで
抱っこして強制退去をした事くらいでしょうか^^;

まっ、そんなハプニング(?)もありましたが
かっ君お散歩が大好きなので短距離・短時間ですが日々行っています。
CIMG0537.jpg
(かっ君のお楽しみタイム~)

心臓の事を考えるとお散歩は不要なんですが
お散歩の雰囲気を感じ取るとそりゃもう嬉しそうにルンルンになります。
それがトリオのお散歩準備であっても(爆)

そんなお散歩大好きかっ君なので
チェックイン二日目に先にトリオの散歩に行ったら
くまさんに「待っている間ほぼずーっと低温ボイスで吠えてたで」と言われ違う意味で冷や汗。

そーいえば引き出してから暫く仮宿滞在時も
人、犬、物音、何事にも吠えないかっ君が唯一吠えたのがお散歩に置いて行かれた時で
その時の飛び跳ねる感じで全身をアップダウンしながらワッホワッホと吠える姿に
「散歩行かん方が鳴いて心臓に負担かけそうだわ・・」と悟った事を思い出しました。

そんな訳で二日目夕方からはトリオの散歩前に先にかっ君のお散歩を済ませると
その後のトリオのお散歩で残されても鳴くことはなくなり一安心。

縁起でもないことですが、
いつ何が起こってもおかしくない状態と分かっているので
「鳴き続ける」というのも心臓にはかなり負担がくる行為。
日頃全く鳴かないかっ君が
「ボクもお散歩行きたいよー」と鳴き続けて万が一があるくらいなら
大好きなお散歩で何かあった方がまだ救われると思っちゃうのです。
(室内でもお散歩と同じくらい歩き回っているので運動量という意味では変わらないですし)

お散歩中のかっ君は本当に楽しそうです。
匂い嗅ぎやマーキングに顔つきが変わるほど必死。
CIMG0567.jpg
時折小走りになったり、行きたい場所があるとちょっとした段差も抱っこする前に乗り越え(冷汗)
足取り軽やかに堪能されます(^^)

昨日の夕方は雨で行けなかったけど
今日は朝からお天気も良く、気温が暖かくなってから出動~

お預かりももう少しですがそれまでかっ君のルンルン姿が見られるプチお散歩を一緒に楽しみます♪
(我を忘れて走り回る猫ちゃんに遭遇しませんように(爆))





スポンサーサイト
13 : 40 : 35 | 翔@かっ君 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
<<かっ君滞在記~バレンタイン編~ | ホーム | かっ君滞在記③>>
コメント
--さすがかっくん--

チッチ家でも、他の子が散歩に出ると
寂しそうな顏をしてたそうなので
やっぱり行きたいんですね。

素早いニャンを追いかけるとは
さすが、かっくんやね(#^.^#)
でもそれだけ、具合も良いと言う事ですね
嬉しそうなかっくんの顔を見てるとこっちまで嬉しいですわ(^^)

風の薫りや土の匂い、一杯楽しんでよ~
かっくん!(^^)v
by: ふぁん太母 * 2013/02/14 10:21 * URL [ 編集 ] | page top
----

ふぁん太母さん
かっ君本当にお散歩大好きで
玄関前になるとテンションが数段UPします(笑)

猫ちゃん追いかけて行ったり来たり走った時はドキドキでしたが
それくらい体力も気力もまだまだのかっ君です^^

お家で歩くよりもお外の空気や風は違うんでしょうね~
お散歩やお外に出れるほど体調が良い日が
これからも続いてくれればと願っています。
by: お返事@ハナママ * 2013/02/14 21:59 * URL [ 編集 ] | page top
----

かっ君のお散歩風景、拝見出来て嬉しいです♪

ハナママさんのおかげで、かっ君の様子が
手に取るように分かります。
本当にありがとうございます!

かっ君にハートを奪われたふーママ、
バレンタインデーに元気玉と共に、
あっつ〜いブッチューを送りまーす!
かっ君、受け止めてねぇ〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
by: ふーママ * 2013/02/14 23:05 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kariyadonniltuki.blog.fc2.com/tb.php/16-b641fb79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |