スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
頑張れロイス!
2014 / 05 / 28 ( Wed )
今日はロイくんの通院日。

救世主のクズル母さんと病院で再開し大喜びのロイ。
CIMG2037.jpg
(診察後、本気で母さんの車に乗り込もうとしてました^^;)

診察でガーゼを取って貰い全面の傷口を見た時は一瞬息が止まりました。
ロイの引出経緯は赤い糸通信にありますが
骨や内臓に損傷はありませんでしたが
衝撃で損傷したのか、傷口からの化膿(感染)が原因か、
左側面半分の壊死した肉腫を切除して縫合しています。
その傷口は小さな体に鮮明に刻まれていました。
(完治して毛が伸びたら目立たなくなるかと思います)

しかし、それ以上に悲痛だったのは今日の診察で
肩と腿の2か所が化膿を始め、放置できない状態だった為
診察で瘡蓋化した部分を切り取る処置でした。

大人しいロイもさすがに痛みで鳴き、看護師さんと抑えながら
痛々しい処置に人間なら、私ならとっくに失神してるだろうな・・って。
(顔に出ていたのか処置で大変な先生に「大丈夫ですか?」って聞かれ(汗))

傷口は痛々しいけど順調に回復傾向の腹部の20cmに及ぶ縫合部分と異なり
2か所の化膿部分がなぜ注射&日々服用している新しい抗生剤が何故効いていないのか?と
現在細菌を培養して、最有効に効く薬を調べて下さっています。

CIMG2040.jpg

状態が落ち着くまで明日も通院で診て貰います。
処置も含め回復するまで一番しんどいのは、痛い思いをするのはロイスです。
でも、ロイを治してあげたい、治して絶対に幸せを掴んでもらおうと
頑張ってくれる母さん・先生始めみんなの想いで、きっと回復してくれるはず!
それまでもう少し、もう少しロイにも頑張って貰います。
CIMG2044.jpg

ロイの痛みを思うと胸が張り裂けそうですが
保護直後の酷い水便の腸炎、脱水症状や感染症からの化膿の状態をみると
あの時に引き出して貰えなかったら、
週またぎで放置されていたら
生きていれたかもあやうい状態だっただろうと・・・。
そう思うと生きて治療ができている事が強運なロイです。

よく食べ、よく出し、よく寝、よく甘える可愛いロイくん頑張れ!!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
21 : 23 : 36 | ロイス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<ロイスの姿に救われる。 | ホーム | 「ス」が抜ける。>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/05/29 00:51 * [ 編集 ] | page top
----

鍵コメさん
ロイスへの応援ありがとうございますm(--)m
小さな体で本当に頑張っているロイス。
頑張った分、先には大きな幸せがあると信じています!


by: お返事@ハナママ * 2014/05/29 23:58 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kariyadonniltuki.blog.fc2.com/tb.php/158-ca56788b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。