ロイスの姿に救われる。
2014 / 05 / 29 ( Thu )
保護時はクズル家でマーライオンばりに酷かった下痢Pも
仮宿に来た時はすっかり治まっていて
毎日2~3回、丁度よいブツを出していたロイですが今日はまだ一度も無し。
あれ?便秘!?
(シーは出ています)
毎日ご飯も食べるし、
くまさんが「体力勝負や!」とか何とか言って要らんことしてせっせとおやつもあげてるんですがね・・。
明日は出てくれますように(願)

さてさて、ロイは今日は傷口の洗浄&ガーゼと網タイツを交換してもらいました。
洗浄はほぼ痛がる事もなくエリカラ無しでの処置でした(ほっ)
CIMG2052.jpg
でもね、ロイだから大人しくできているけど
きっと大袈裟野郎のうちの坊ちゃんだったら間違いなく洗浄でも大騒ぎしていると思います。
ホント、ロイは我慢強いというか、頑張りやさんです!

そして培養検査の結果ですが、
投薬していた抗生剤は2種類とも菌が繁殖していて効いていませんでした。
他の薬も何種類かは効いておらず、先生も強い菌ですね、って。
その中でかろうじて?菌が死んでいた2種類のお薬を今日から投薬です。
内側からお薬が効いて、回復に向かってくれればと祈っています。

傷口はまだ痛々しいし、明日も通院で状態を診て貰いますが
これまでロイが生活の中で鳴いたり、痛がる仕草は全くと言っていいほどありません。
痛みに強いのか、ピークの痛みを乗り越えマシに感じているのか分かりませんが
痛がる所か甘えてくるついでに自分から体を擦り付けて「かいぃ~の!」と身を委ねてきます。

CIMG2051.jpg

上目使いに見つめながら訴えてくるので(可愛いすぎる・・)
網タイツの上からせっせと背中を掻いてるおばちゃん約一名(笑)
傷口の状態から悲壮感漂いそうな中、ロイのあどけなくて真っ直ぐで一生懸命な姿に
コチラが励まされ、救われています。
小さな体で頑張ってるロイ、おばちゃんにできる事はなんなりとさせて頂きます!

どうかお薬が効いて回復に向かいますように(祈)
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23 : 46 : 10 | ロイス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
頑張れロイス!
2014 / 05 / 28 ( Wed )
今日はロイくんの通院日。

救世主のクズル母さんと病院で再開し大喜びのロイ。
CIMG2037.jpg
(診察後、本気で母さんの車に乗り込もうとしてました^^;)

診察でガーゼを取って貰い全面の傷口を見た時は一瞬息が止まりました。
ロイの引出経緯は赤い糸通信にありますが
骨や内臓に損傷はありませんでしたが
衝撃で損傷したのか、傷口からの化膿(感染)が原因か、
左側面半分の壊死した肉腫を切除して縫合しています。
その傷口は小さな体に鮮明に刻まれていました。
(完治して毛が伸びたら目立たなくなるかと思います)

しかし、それ以上に悲痛だったのは今日の診察で
肩と腿の2か所が化膿を始め、放置できない状態だった為
診察で瘡蓋化した部分を切り取る処置でした。

大人しいロイもさすがに痛みで鳴き、看護師さんと抑えながら
痛々しい処置に人間なら、私ならとっくに失神してるだろうな・・って。
(顔に出ていたのか処置で大変な先生に「大丈夫ですか?」って聞かれ(汗))

傷口は痛々しいけど順調に回復傾向の腹部の20cmに及ぶ縫合部分と異なり
2か所の化膿部分がなぜ注射&日々服用している新しい抗生剤が何故効いていないのか?と
現在細菌を培養して、最有効に効く薬を調べて下さっています。

CIMG2040.jpg

状態が落ち着くまで明日も通院で診て貰います。
処置も含め回復するまで一番しんどいのは、痛い思いをするのはロイスです。
でも、ロイを治してあげたい、治して絶対に幸せを掴んでもらおうと
頑張ってくれる母さん・先生始めみんなの想いで、きっと回復してくれるはず!
それまでもう少し、もう少しロイにも頑張って貰います。
CIMG2044.jpg

ロイの痛みを思うと胸が張り裂けそうですが
保護直後の酷い水便の腸炎、脱水症状や感染症からの化膿の状態をみると
あの時に引き出して貰えなかったら、
週またぎで放置されていたら
生きていれたかもあやうい状態だっただろうと・・・。
そう思うと生きて治療ができている事が強運なロイです。

よく食べ、よく出し、よく寝、よく甘える可愛いロイくん頑張れ!!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村


21 : 23 : 36 | ロイス | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
「ス」が抜ける。
2014 / 05 / 27 ( Tue )
退院して一夜明けた朝、
サークルから出るとヨチヨチとくまさんの椅子の後ろに行くロイくん。

CIMG2032.jpg

人間がキッチンに居る時はここを定位置と決めたようです。
おっちゃん何にもしないのにー。
まっ、ロイが落ち着くならそれで良し。

ロイくん、食欲もあり、排泄も順調ですが
ガーゼに血や浸透液?体液?が滲んできてちょっと痛々しい。。。

明日は病院、術後の状態を診て貰います。

傷口が落ち着くのはもう暫くかかりそうですが
本犬はぐったり感もなく
ぬいぐるみで遊んでみたり、
CIMG2035.jpg

横に座っていると撫でてーと前足で催促してみたり
ちょこんとお膝に前足を掛けてみたり。
CIMG2036.jpg

まだまだ控え目ですが
気がつけばじーっと見つめくるロイくん。
CIMG2033.jpg

あどけないお顔に訴え掛けるように見つめてくる瞳、
ロイくんに話しかける時はついつい赤ちゃん言葉になっちゃいます(笑)

ロイくんの傷が早く治って素敵なご縁を探せますように☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村



22 : 41 : 41 | ロイス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
退院deチェックイン。
2014 / 05 / 26 ( Mon )
心配していたロイス君、本日管が外れ退院となりました。

CIMG2003.jpg

網タイツ姿はちょっと痛々しいですが
痛みはないのか、抱っこも大丈夫で痛がる仕草はありません。

膿んで壊死を始めた悪い所を全部切除してもらって
検査で骨、内臓に損傷はなし。
引出後の早い段階で処置を済ましてもらい
本日退院できたのは本当にめでたいこと。
が、退院後にやってきたのは残念な宿(チーン)

CIMG2009.jpg

引き出し~下痢Pで一番大変んな時を手厚いクズル家で過ごしたのに
術後の心細い時に連れてこられたのが仮宿とはホント残念すぎますが
そこは強運の持ち主のロイなので
辛い思いをした分、頑張った分、きっとでっかい幸せがやってくると思います!
それまでちょっとの間、仮宿で我慢してね。

術後ですがぐったりって感じはなく食欲もあり
CIMG2016.jpg
排泄も順調、
まだ体も心もしんどいと思いますが
プチお散歩も室内もヨチヨチ歩いています。

ただ、何でかな~
なーんにもしないくまさんの後追いがすごいんですよ・・・。

晩御飯中ずーっと立って待ってるものだから
根負けしてくまさんの座る椅子の後ろに毛布を敷きました(--;)
CIMG2021.jpg
そこは全く納得いかんけど、
今はゆっくり休んで回復待って
これから大きな幸せ掴もうね!

術時に去勢も歯石取りも済ませたロイス。
回復さえすればつでもお婿入りできます!
ロイスに素敵なご縁が繋がりますように☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

bana000-2.gif
ロイス始め素敵なご縁を待っている仔たちがいます!→Red-string


20 : 51 : 39 | ロイス | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
自慢の家族!
2014 / 05 / 25 ( Sun )
この週末に向け、久々に出したサークルの中は空。。
サークルの主となる予定だった仔は
昨日の診察でドクターの早い判断&ご厚意で即日緊急手術をして貰い
手術の結果状態が思ったよりも悪く暫く入院生活となりました。

幸運が重なってRedさんに助けてもらった小さな命。
回復して本当の幸せを掴めるよう、おばちゃん待ってます(祈)

ちょっぴり気が落ち込みそうな所、
嬉しいお便りが届きました!

この週末に病院で狂犬病ワクチンの接種と飼い犬登録を済ませて貰ったひなた君。
!cid_F6FDA654-F7F5-449C-B89D-4C7372D14CD1.jpg
(題名:豆みたいでしょ♪(笑)

譲渡はすっかり終わっていたけれど、
名実共に F・陽 となったご連絡を頂きました♪
ご家族写真は毎日お散歩へ連れて行ってくれるパパさんと
美少女~なお姉ちゃんとパチリ。

!cid_1F7070D0-9315-4341-8901-F3DC16817CAD.jpg

3人と3頭の賑やかな生活。
最近サンルームで放便してらっさるようですが(汗)
病院の耳毛抜きで怒ってアヒル口輪装着~でブラックスワンになったり(爆)
色々ありながらも、ママさんからのメールはいつも心ぽっかぽっか!
ひなた君は自慢の家族に囲まれて幸せ生活を送ってマス(^^)

11 : 48 : 31 | ムック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
陽(ひなた)です。
2014 / 05 / 13 ( Tue )
この脱力感はムックロスなのか!?

いやいや、ムックが巣立ったからというよりは我が仔が
今年の11月で13才になるハナ、
今年の9月で12才になるタロウ、
一番の若手が8才になったトノなので
預かりっ仔がいなくり、
日々刺激も覇気も無い(爆)
でものんびりとした穏やかな時を過ごしているからだと思います。

仮宿に刺激と覇気と旋風を起こしていかれたムックですがね、
仮宿にいらっしゃった際はお顔が似ていた事もあり
暫く「ひゅう」と呼ばれてしまう事もあったのですが^^;
正式譲渡になり新しいお名前を頂きました。

写真

ムックの今までの生い立ちを考え
これからはひなたに当たる、明るく温かい生活を。
という里親様のお気持でつけて貰いました。

生活もお名前も一新してひなた@陽 として第二の犬生の始まりです。

恒例(?)のご家族写真ですが
トライアルお届けの際、長居をしてしまったですが
ちょっとてんぱって終始私の膝や背中から下りなかったムック。
先住犬ちゃんとの関係もまだまだ微妙だったので
写真の為に無理をさせるよりも落ち着いて譲渡になった際にご家族写真を・・とお願いしていました。
なのでお写真はもうちょっとお預け。
(今は一日に一度ははママさんかお姉ちゃんの背中に乗ってるようです(笑))

!cid_B56AAB23-E1BE-410B-B74F-CBA08F8C88B7.jpg
(雨の日散歩のレインコート姿@ママさん探偵みたいでしょって。確かに(笑))

後日Red-stringさんのHPでUPになりますが
お名前もひなた@陽になったムックは
名実ともに過去をすっかり脱ぎ捨てて新生活を送っています(^^)

20 : 19 : 44 | ムック | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ムックの巣立ち。
2014 / 05 / 10 ( Sat )
前置きは無しで
さてさて、

CIMG1949.jpg

と、意気込んでトライアルに挑んだムック。
本日トライアルが終了しました。

トライアル中希望者さまは毎日ムックの様子をメールで送って下さいました。

初日から大きな公園へ連れて行ってもらったり、
多分犬生初のドックランもGWにデビューし
雨の日も毎日先住犬ちゃんたちとお散歩へ連れて行って貰い

IMG_0983.jpg

定位置のソファーでくつろぎ
ウッドデッキで日向ぼっこを楽しんだり。
image.jpeg

ガムにはまって取られないようソファーに隠れて堪能するようになったり(笑)
写真 1


(他にも沢山お写真を頂いているのにサイズ変換ができないおばちゃんのせいでUPできず(--;))

でもね、トライアルは順調というより
ムックの課題、問題点が数々と出てしまったようです。

ご飯事情とお外事情は想定内の課題でしたが
(ご飯は仮宿の最初よりはとってもマシでドライも食べてるようです♪)
お口回りのケアが苦手でパパにお口がでちゃったり(大汗)
先住犬ちゃんに唸ったり、バトルしたり(大汗)
落ち着いていた室内でも興奮することがあったり
まぁ本当に色々としでかしてくださったようです(--;)

環境が変わり、一からのスタートでムックも必死なんだろうな・・・と
見守る事しかできないおばちゃんは
希望者さまご家族の奮闘ぶりに感謝しながら
一時の事ではなく長いこれからの生活を考えて
ご無理がくるようなら双方幸せになれないよな。って
お返事は無理なく率直なお気持ちを伺いたいとお伝えしていたので
出戻ってくることを覚悟していました。

所がどっこい、
希望者さまは長い目でムックを見ていきたいと
2週間で何でもすぐにできる訳ではないので
これから時間をかけて信頼関係を築き、
色々な事を慣れてできるようになってくれたらいいですと
ムックを家族として迎えたいとおっしゃって下さいました。

写真 3


トライアルで終わり、ではなく
トライアルで課題や問題点が際立った分
これからがムックの家族の一員としての本当のスタートです。

色々あるけれど甘える姿も見せているようで
甘えるムックは本当に可愛いんです。

今はまだ慣れる事に、自分の事に必死なムックだけど
これからは厳しさと優しさで包み込んでくれるパパママさんとお姉ちゃんと

先住犬のお兄ちゃんと
CIMG1976.jpg

先輩の妹ちゃんと
CIMG1974.jpg
(数か月前まで繁殖犬として使われていた所を迎えられ幸せを掴んだ先輩です。)

みんなで生活する中で家族のぬくもりや安心感を知り
きっとかけがいのない家族になれると信じています。

そのまんまの姿でトライアルを過ごしたムック。
そのまんまの姿を見て迎えたいとおっしゃって下さった家族に迎えて頂き
仮宿を卒業していきました。

トラアルの見守り隊はこれにて終了~
後はこれから二度と離れる事の無い
本当の家族との生活スタートのムックの幸せ祈り隊です(^^)






13 : 39 : 09 | ムック | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
| ホーム |